医療法人社団 榎会 榎本クリニック医療法人社団 榎会 榎本クリニック

デイナイトケアセンター

メンタルデイナイトケア(30~60代)

年齢層は主に30代から60代が参加されています。うつ病や統合失調症などの精神の病の為、就労など社会参加が難しい方。また普段のストレスの多い生活の中で、安心して過ごせる居場所の必要な方。

1. メンタルデイナイトケアとは

同じ悩みを共有できる仲間

入退院を繰り返したり、社会生活上の「生きづらさ」を抱えた方に、治療と同時に安全な「居場所」の提供を行っているのがメンタルデイナイトケアフロアです。
服薬の習慣ももちろんですが、朝起きて、歯を磨いて身支度を整え、電車やバスでデイナイトケアに通い、心地よい疲れによって眠る習慣を身につけることが、社会生活を営む上で非常に重要です。また、メンタルデイナイトケアフロアには様々な生活上の障害や生きづらさを持つ方がいらしています。同じ悩みを共有できる仲間がいて、ご家族以外の方との会話をする事で、コミュニケーション能力の積極的な維持・改善を図ることができます。

社会生活を可能にするには?

「きちんと薬を飲む」「生活のリズムをくずさない」「人とのコミュニケーションを絶やさない」主にこの3つが有効です。メンタルデイナイトケアはこのような生活を可能にするお手伝いをしています。

2. どんな治療をするの?

メンタルデイナイトケアは、主にグループ活動を中心としたプログラムです。人との関わり方、コミュニケーションのとり方を学んだり、互いに影響し合うことで成長することを目的としています。そして、社会生活を送る上で必要とされる行動様式が自然と身についてくるのです。

一週間のプログラム

メンタルデイナイトケアは、主にグループ活動を中心としたプログラムです。人との関わり方、コミュニケーションのとり方を学んだり、互いに影響し合うことで成長することを目的としています。そして、社会生活を送る上で必要とされる行動様式が自然と身についてくるのです。

1週間のプログラムの例
午前

運営ミーティング

ストレッチ

頭の体操

クッキング

卓球

グリーン活動

手作業

音楽

健康体操

午後

芸術行動療法

生活講座

芸術行動療法

外出プログラム

風船バレー

手作業

芸術行動療法

ナイト

ワーカー講座

ナース講座

クッキング準備

絵画・書道

カラオケ

読書会

貼り絵

料理作り

文芸

絵しりとり

※プログラムの内容は月ごとに若干変わります。
※午前は10:30〜12:00、午後は13:30〜15:00、ナイトは18:00〜19:00です。

主なプログラムの紹介

  • 運営ミーティング

    その週一週間のプログラムの詳細を決めるミーティングです。プログラムはあらかじめ、スタッフが枠組みを作りますが、内容の詳細はこのミーティングで話しあって決めています。司会、書記などを決めるところから始まり、自主的な運営をお願いしています。出席メンバーの誰もが参加できるようになっていますので、はじめはグループに馴染めない方でも、安心して参加していただくことができます。

  • 音楽・リズム音楽

    音楽療法では、メンタルデイナイトケアフロアの年代に合わせたコーラスや、曲を使ったクイズなどをして楽しみます。声を出す事でストレスを解消したり、音楽を介してコミュニケーションを取ったり、また音楽自体に癒されたりすることで、楽しみながら治療に参加することができます。

  • 文芸

    メンバーやスタッフの出した複数の「お題」についての作文を書きます。記憶力を鍛え、感情表現を豊かにします。

  • クッキング・料理作り

    食生活を豊かにすることは勿論のこと、グループで役割分担をしていくなかで自然とコミュニケーションが生まれます。調理の技術を身に付け、それぞれの役割を果たし、その結果おいしい料理ができあがることを通して、連帯感や達成感、そして満腹感も味わってもらうことができます。

  • 芸術行動療法

    他のフロアと合同で、部活動のような活動をしています。和太鼓(池袋、飯田橋)、よさこい(池袋、新大塚)、エイサー(御徒町)、ボクシング・空手(池袋、飯田橋、大森)、フラダンス(飯田橋)、フットサル(池袋)等他では体験出来ないプログラムがあるのも特徴です。他にも音楽療法、卓球、ゲートボール、ヨガ、レクリエーション(テーブルゲームやグループゲーム)等、その時の気分に合わせて多彩なプログラムに参加することが出来ます。
    和太鼓・よさこい・エイサー・フラダンス等は、内部・外部での発表の場も設けており、明確な目標を持って取り組むことが出来ます。

  • ワーカー講座・ナース講座

    社会制度やコミュニケーション、生活をする上でのコツや、服薬の重要性、糖尿病や高血圧などの疾病の予防法を知っていただき、より良い社会生活を送っていただくためのプログラムです。年金や手帳のこと、その他日常生活上の「困ったこと」や健康のことなど、常にスタッフ一同で対応しておりますが、このプログラムではスタッフ一人一人が個性を生かし、毎回趣向を凝らした運営を行なっています。

芸術行動療法

3. ご家族の皆様へ

悩んでいるのは私一人ではない

大切なご家族の事で悩み、思いつめている方は実は大勢いらっしゃいます。「精神の病」ということに大変なショックを受けたという方は少なくありません。メンタルデイナイトケアフロアでは、ご家族でも限られた方にしか話せなかった悩み、これまでのご心労を、安心してお話していただける場を準備しています。
同じ悩みを共有できるご家族同士が集まり、「悩んでいるのは私一人ではない」ということを実感して頂くだけで、「気持ちが楽になった」という声を頂ける事もあります。また、ご家族が楽になる事で、ご本人様との関係が変わることもあります。
家族会は、スタッフとご家族が思いを共有し、ともに学びあう場です。お気軽にお問合せください。