医療法人社団 榎会 榎本クリニック医療法人社団 榎会 榎本クリニック

クリニックについて

大森榎本クリニック

1. 診療時間・アクセス 主な診療内容

診療時間
日祝
午前
の部
9:30〜12:00
(初診の場合 / 9:00〜11:30)
午後
の部
13:30〜16:00
(初診の場合 / 13:30〜15:30)
再診受付は
〜16:30
夕方
の部
18:00〜19:30
(初診の場合 / 18:00〜19:00)

※初診の方は予めお電話にてご連絡を頂いてからご来院下さい。
※混雑状況によっては、少しお時間を頂く場合もございますのでご了承ください。

アクセス

大森榎本クリニック

〒143-0016 東京都大田区 大森北1-13-6
TEL 03-5753-3361

専門外来
  • 依存症外来
  • うつ病外来
  • 統合失調症
  • うつ病
  • アディクション・依存症
    (アルコール、薬物、ギャンブル、性依存、リストカット、暴力、恋愛等)
  • ひきこもり
  • 児童・思春期
  • 認知症
デイナイトケアセンター

2. 理事長あいさつ表示する

現代社会のニーズに
応える必要がある

医療法人社団 明善会
大森榎本クリニック 理事長

山本 巖夫

当院はアクセス至便な大森駅から徒歩3分の距離でありながら閑静な環境にあり、皆様に安心とご満足をいただける「こころの相談窓口」を目指しております。

当院の特徴としましては、まず、外来部門として、不登校、ひきこもり、対人恐怖、アルコール問題、うつ病、認知症などの専門外来を設けている点であります。人間関係がうまくいかず学校や会社に行けない、お酒やギャンブルがやめられない、うつで苦しんでいる、眠れない、パニックになるのがこわい、あるいはご家族のことでお悩みのことがありましたら、どんなことでも当院医療相談室までお電話ください。ご本人がすぐに治療につながらない場合でも適切な解決方法を提案させていただきます。

2番目としましては、デイナイトケアにおける充実した治療プログラムであります。デイナイトケアとは、決まった時間に来院していただき集団精神医療法を中心とした治療プログラムに参加していただくものです。私どもは長年培ってきたノウハウを生かし、それぞれの病気に応じた効果的なプログラムを提供致します。アルコール依存症には独自の治療プログラムが必要です。その他、就労支援サポートやカウンセリングなど専門的なプログラムを駆使して患者様のニーズにお応えできるよう万全を尽くします。

3番目は訪問看護サービスであります。症状が安定せず規則的な通院ができない患者様には当院のスタッフが訪問させていただき、服薬や健康管理に関する指導を致します。ご高齢で歩行が困難な患者様には送迎サービスを実施致しています。

このように当院では地域の皆様にとって身近に感じていただけるクリニックとして運営して参る所存であります。

末長く皆様のお手伝いができますようスタッフ一同誠心誠意対応させていただきますので、どうか宜しくお願い申し上げます。

3. 院長あいさつ表示する

地域に根ざした
地域精神医療センターを
目指す

大森榎本クリニック 院長

塚田 貴宏

大森榎本クリニックは、JR大森駅徒歩3分の好立地に平成28年4月1日に開院いたしました。当院の特徴は、認知症や高次脳機能障害の方を受け入れる「シルバーフロア」、高齢者のアルコール問題を抱えた方を受け入れる「シニアアルコールフロア」、若年層のアルコール依存症の方を受け入れる「アルコールフロア」、統合失調症や感情障害の方を受け入れる「メンタルフロア」、アルコール以外の依存症の方を受け入れる「アディクションフロア」など、幅広い疾患とライフサイクルに対応できる各種デイナイトケアを併設しています。

また、当院では「デリバリーアセスメント」というアウトリーチの手法を用い積極的に地域に働きかけ患者様の生活支援を行っています。現代は待っているだけでは質の高い医療は提供できません。「いつでも・どこでも・だれでも」対応できる医療が現代社会のニーズにこたえることができ、かつ患者様の回復の支えになると信じて、ここ大森でも地域に根ざした地域精神医療センターを目指していきたいと思います。まずは気軽にご相談ください。